行政書士 合格ブログ 勉強ブログ

今日も一緒に勉強しましょう

johon.hatenablog.com

新サイト作ったよん。マルクスのサイトSEOがあまりにもよすぎて、俺はマルキシズムに詳しい人でマルキシストではないが、タイトルかえようもなかったんだが。保守やリベラルの人もこれなら参加できるでしょ。まあマルクスって負の効用が大きい部分もあるし、俺社会派くんだから本出すときに中小企業診断士のホルダーもほしいというのが本音でもある。やすいMBAみたいなもんだしね。あっても食えるかわからんが起業だけだと大変なんで資本ゲーム土産に就職も考えてる.実務経験がないのに即開業もできなくはないが。マーケットは非常に厳しい。電子書籍売ってもわかる。これに勝ち残って、しかも公益になるビジネスなんかあるのか補遺と思う。あれは著作権俺のもんだ、これが資本主義の嫌らしいところだよな。でも資本主義以上のシステムが存在しない現在。ゼロベースでそんな本も考えてるが。まずは基礎を自分にたたき込むことが大切。

でもがんばって模索しようではないか。理想とする哲学がないといいコンサルはできんだろうとおもうな.営業も大事だけど。

では勉強しよう

価格戦略。これとミクロ経済学の価格理論見たら大笑いだな。あまりにも違う。まあああれはあれで使い出があるし、ゲームに主流が移ってるけどな。

初期低価格戦略

俺はこれだがまだだめだな。やっぱりお客様の価値を考えないとな

大量生産ポケット120円の知を目指していたが、基礎理論がなってないと量産できん。


初期高価格戦略

むしろ学術書みたいのはこれだろうな。セグメントが狭い。ビジネス書は中くらいかな。
学術書は書けないけど、論文ヒント集。ビジネスヒント集。3000円のビジネス本を買えないお役はいない.公益考えるなら図書館にメールすればいいわけだし。

イノベーションの採用者。

キャズムってあるな。

ここは高価格だな.あとでどうせコピーされるし、図書館で読めるよう献本し、低所得者も読めるようにすれば問題ないだろ。

その基本を元に120円で様々な知を売ればいい。これで倫理とビジネスが両立すると思うんだが。